読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャセイパシフィック航空 エアバス A 350-900. B-LRG. の飛来

エアバスの最新鋭機 A 350−900 の関空乗入れは

キャセイパシフィック航空

チャイナエアライン

ベトナム航空

である。

視界は本当に良いですね  2017.2.12.  skyview  にて

キャセイパシフィック航空の着陸シーンは早朝でアウトだったが離陸シーンを記録しておく

機体番号   B-LRG. 

f:id:Kuniofukudaicloudcom:20170214210620j:image

f:id:Kuniofukudaicloudcom:20170214210642j:image

f:id:Kuniofukudaicloudcom:20170214210653j:image

f:id:Kuniofukudaicloudcom:20170214210736j:image

f:id:Kuniofukudaicloudcom:20170214210800j:image

f:id:Kuniofukudaicloudcom:20170214210814j:image

f:id:Kuniofukudaicloudcom:20170214210827j:image

f:id:Kuniofukudaicloudcom:20170214210842j:image

f:id:Kuniofukudaicloudcom:20170214210905j:image

f:id:Kuniofukudaicloudcom:20170214210920j:image

 

エアバス 350シリーズは,ボーイング 787と777に対抗するシリーズで開発された。現在、最新鋭機の1つ。

①350ー800    が  ボーイング   787-9.  と競合

②350ー900    が ボーイング   777−200    と競合

③350−1000  が  ボーイング   777−300ER    と競合

開発スタートが遅かったので、エアバスボーイング 787の教訓をうまく反映できる強みもありスムーズに開発できた。逆に、787が売れ過ぎたために発注から引き渡しまで時間がかかってしまう問題を抱えていたので、、787とA350XWBのどちらを選んでも受領まで時間的な差は殆どないことでスタートの遅れのハンディキャップは殆んど解消されている状態である。

✳️現在 受注残 810機   引き渡し 41機  現在はもっと増えてるだろう。

✳️因みに、ボーイング 787シリーズの受注は1200機 納入数500機 。次世代中型ジェット旅客機として航続距離も長い能力がある。